乳首の黒ずみ対策

今日からはじめる乳首の黒ずみ対策

乳首の黒ずみ対策

 

乳首にできる黒ずみの原因はメラニンが色素沈着したのが原因です。

 

しかし、メラニンは肌にとって決してデメリットしかないものではありません。メラニンは肌を刺激から守る役割を行っているのです。

 

そのため、ブラジャーの擦れた刺激などからバストへの刺激を守る為にからだの中で作られ分泌をしているのです。

 

メラニン色素が分泌されることは仕方がないと言えますが、黒ずみ乳首でもいいとは思えないものです。

 

乳首をピンクにしたいのであればメラニンを蓄積しないようにすることが必用となるのですね。

 

今回はメラニン色素を蓄積させないため具体的な方法をお話します。

 

乳首が黒ずむ原因のメラニンを蓄積させない為の方法

 

 

先生、メラニン色素を蓄積されないために今日から何をすればいいんですか?
乳首をピンクにしたいとは言いません。
せめて茶色と思えるぐらいには変化させたいのですが・・・。


 

 

これ以上メラニンが蓄積されないようにしたいなら、運動やストレッチ、睡眠時間をしっかりと取って、寝る前にコーヒーを控えたりすることを今日から心がける事が大事だよ。
と言ってもいきなり運動の時間をとったり睡眠に気を使う事はそれなりの覚悟が必要だから、少しづつでもいいから意識してみる事が大事だよ。
健康的な生活を送ることで肌の働きを最大限はっきさせることが大事なんだよ。


 

 

運動やストレッチ?今日からやってみるね。
でも何で運動やストレッチ、睡眠などを気を使えばメラニン色素が蓄積されないの?
健康には良いと思うけど、乳首や乳輪の黒ずみとは関係ないような気がしますけど・・・。


 

 

メラニン色素を蓄積されないようにするためには基礎代謝を高めることが効果的なんだよ。
なぜなら基礎代謝を高めることで新しい皮膚がつくられるんだ。
新しい皮膚ができれば古くなった皮膚と一緒にメラニン色素を剥がしてくれるんだね。
乳首が黒ずんで見えるのは古い皮膚に色素が沈着してるのが原因だから、それを取り除けば良いのよ。


 

 

 

古い皮膚と一緒にメラニン色素を剥がれてくれるんだ。黒乳首だからってあきらめなくて良いのね。
シャワーでゴシゴシ洗って綺麗にならないかと期待してたけど、ゴシゴシしなくても新しい皮膚ができれば色素沈着をした乳首も綺麗なピンクになるのね。


 

 

シャワーでゴシゴシ洗うのは逆効果だからやらないでね。
忘れているみたいだけど、黒ずみの原因は刺激によるものだから余計に黒くなっちゃうわよ。
無理やり古い色素沈着した皮膚を剥がしても意味はないので。
大事なのは新しい皮膚が作られることだからね。


 

黒ずみ対策についてのまとめ

 

黒ずみ対策を行うために必要となるのが色素沈着をした古い皮膚を剥がすための対策です。間違っても行っては駄目なのがゴシゴシ体を洗うこと。刺激から余計にメラニンが分泌され、黒ずみができる原因になります。

 

乳首の黒ずみ対策として美白クリームを使うのが有効的ではあるのですが、少しでも早くどうにかしたい・・・

 

このように考えているのであれば、肌の働きが正常に働かせるようにすることが有効な方法となります。

 

古い皮膚を剥がし新しい皮膚を作りだす働きを促進させるためにも、健康的なからだを作りだすようにしましょう。

 

運動には有酸素運動が効果的

 

基礎代謝を高める為に効果的な運動は軽く息が上がる程度の強度の低めの運動です。
そのため、有酸素運動を行うのが良いです。

 

ジョギングや自転車、水泳などが簡単にはじめられるためおすすめです。
フィットネスジムに通っているのであればほとんどのスポーツ施設にプールがついていますし、ジョギングや自転車はスポーツが苦手な人でもすぐにはじめられるため好まれる傾向にあります。

 

柔軟性のある体にすることで代謝が上がる

 

柔軟性をupさせるのであればストレッチが効果的です。
ほかにもヨガやルーシーダットンなども人気が高く効果的です。

 

最近、流行のであればピラティスが楽しく続けることができるははずです。

 

睡眠時間の向上と睡眠の質の確保

 

睡眠不足は過度の睡眠の取り過ぎは基礎代謝を下げる原因になります。

 

睡眠時間の目安は7〜8時間が理想的だと言われていますが、これは個人差や疲労具合によっても変わります。また、睡眠の質が確保できていないければ意味がありません。

 

飲酒をした後などは眠っていても脳が活発に働いている状態となります。そのため、きちんと熟睡することができないので睡眠の質が低下します。

 

何時間が言いとは言えませんが、睡眠が少なく感じるようなら意識して睡眠時間をとるように心がけた方がいいでしょう。

 

また寝る前のコーヒーやお茶もカフェインが多く含まれるため控えましょう。カフェインは寝つきを悪くしてしまう原因になりかねません。