乳首や乳輪の黒ずみをピンクにしたい

乳首や乳輪の黒ずみをピンクにしたい人へ

乳首や乳輪の黒ずみをピンクにしたい

このサイトでは乳首や乳輪の黒ずみをピンクにしたい!

 

このように考える20代から40代の女性がどのような方法を行って黒ずみの美白を行っていくのかを解説しています。

 

出産後に乳首の黒ずみが濃くなった・・・
乳輪を漂白してピンクにしたい・・・
乳首の黒ずみをどうにかしたい・・・

 

乳首や乳輪の黒ずみに関する悩みを抱えている女性は非常に多いです。男性の多くが乳首がピンクの彼女が欲しいと考えるのと同じように自分自身の乳輪の色をピンクにしたいって人が多いのですね。

 

なぜなら男性の多くが黒乳首の女性はコロコロと男を取り替えていたりする経験がある女性と思ってしまっているからです。まったく今までに性交渉した回数や人数は関係ないのに誤解をしてしまっているのですね。ただ、その認識が一般的に広がってしまっているので安心をすることはできません。

 

もしも、あなたが今後の人生で乳首の色で評価して欲しくない!!
どうにかして乳輪の黒ずみを漂白や美白をしたい!!

 

このように考えるのであればこのままごらんください。

 

乳首や乳輪の黒ずみができる原因を知ろう

 

黒ずみを漂白や美白したいのであればまずは原因を知ることが大事となります。

 

原因は肌に与えられた刺激によりメラニンが色素沈着をしたこととなるのですが、この事実を理解していなければ対処方法が分からないだけでなく、今後、更に黒ずみができてしまうことが考えられます。

 

主に肌に与えられる刺激として多いのがブラジャーがすれたことによる刺激です。そして、乳首の保湿ケアをしていないことが原因となります。

 

乾燥をした肌はバリア機能が働いていない為、刺激を軽減することができなく、メラニンが分泌されやすいです。原因を知れば分かるように美白や漂白をするだけではなく保湿ケアも必要なので分かります。

 

乳首や乳輪をピンクにする人気の方法は?

 

乳首や乳輪を漂白する方法として人気なのがハイドロキノンと呼ばれる成分が配合された薬を利用することです。日本では病院で処方をしてもらわない限り購入することができない副作用のある薬となるので海外から輸入して利用する人が多いです。

 

有名なのがユークロマクリームと呼ばれる薬用クリームにハイドロキノンは配合がされているのですが、残念なことに副作用で嘆く人が多いだけでなく、保湿ケアができる訳ではありません。

 

そのため、乳首や乳輪をピンクにしたい人に人気となっているのが美白をすることです。

 

メラニンの生成を抑制し、シミやそばかすを防ぐ効果のある美白成分が配合された乳首の美白クリームを使うことが人気となっているのですね。ハイドロキノンと違い乳輪が大きくなるなどの副作用に心配する必要はなく、美白成分と肌のターンオーバーの働きを利用するのですね。

 

肌は常に古い皮膚細胞を垢などと一緒に排泄し、新しい皮膚細胞を作りだしています。この働きの周期をターンオーバーと呼ばれるのですが、メラニンが色素沈着して黒ずみができている古い皮膚を排出し、新しい皮膚を構成する働きを利用しようと考えているのですね。

 

実際に販売されている美白クリームの口コミを見ると、乳首の黒ずみに悩まされなくなった喜びの声などがかかれていることも多いです。ただ、副作用のある薬とは違い肌への負担が少なくなっています。副作用の心配をする必用はないですが、すぐに効果がでる訳ではないので、3ヶ月は使い続ける必要があると考えた方がいいです。

 

乳首美白クリームなら保湿ケアも同時にできる

 

ユークロマクリームのようなハイドロキノン配合の薬品だと保湿ができている訳ではありません。そのため、乳首や乳輪のケアを行っていない人も多く、乾燥した状態である女性も多いです。そのため、副作用だけでなく刺激からかゆみなども起こりやすいです。

 

また、バリア機能が正常に働いていなければ刺激を与えればメラニンが分泌され黒ずみがさらにできてしまいます。一向に乳首がピンクにならないどころか色が黒くなることもあるのですね。

 

その点、乳首の美白クリームには保湿成分が配合されているます。薬ではなく、化粧品であったり医薬部外品となるので肌のことを考えて作られています。

 

メラニンの生成を抑制しながら保湿ケアを行うことで、ターンオーバーが正常に働かせる効果が期待できるだけでなく、バリア機能がきちんと働くようにする効果が期待できるのですね。

 

ようするに、美白だけでなく保湿ケアも同時にできるので、美白クリームだけ使い続ければ良いのです。